我が家の愛犬を紹介するって

我が家の犬は二匹、一匹目は先住犬のミックス犬、二匹目は姉が飼ってたミニチュアダックスフントです。
我が家では先住犬の方が上下関係の下のようで、膝に乗せると二匹目のダックスフントが先住犬を押し退けます。
挙げ句の果てには、先住犬が近付いてきたら牙をむいちゃうような完全なる独裁者状態です。
そんな中、我が家の掟としては二匹とも一緒、二匹とも可愛い、
独占はしないと日々言い聞かせながら愛情いっぱいでてんやわんやな我が家です。

おススメのドッグフードを紹介するって!

我が家の二匹目は、ペットショップで長く売れ残り、ほぼ成犬だった子の行く末を姉が心配して飼ってしまったので、
犬社会のなんたるかをあまり知らずに育ちましたため、苦労も多いのですが、
その分愛情をいっぱい欲しがる姿勢は何とも可愛くもあります。
しかしパイボールドという珍しい毛色のため、正常な遺伝子から生まれたわけではないからか、若干病気がちです。
ヘルニアをおこしてみたり、膿皮症になったり、今は左目が見えていません。
ヘルニアと膿皮症の診断を受けてからは、プロバイオのサプリを飲ませるようになりました。
ヘルニアからは階段の登り降りは本人も嫌がりますし、
私としても抱っこで対応していますので、効果のほどは分かりませんが、
サプリを与えるようになってからは膿皮症の症状が出ることもなく、毛艶もよくなったと実感があります。
個人的に犬の病気に対応できるとても良いサプリだと思っています。

おススメの散歩コースを紹介するって!

我が家の先住犬は、我が家の二匹目に完全に負けてしまいますが、他の犬と戯れるのが大好きです。
そのため、時間があるときは家から車で15分ほど離れた広い運動公園に連れていきます。
昼間はスポーツをしている人が多いのですが、夕方になると犬連れの人が集まりはじめます。
二匹目は完全にリードを短く持たないと揉み合いの喧嘩になってしまうのが残念ですが、
先住犬はところ構わず周りの犬たちにご挨拶に行きます。
家から30分離れた運動公園なら、ドッグランがあるため、
先住犬のみ離してしばらく遊ばせて日頃の二匹目のいじめに対するストレスを発散させてます。
ドッグランでは普段家であまりテンションをあげない先住犬も、
10歳とは思えぬ動きであちこちにご挨拶に行き色んな犬と遊んでいます。
もちろんその間は二匹目はふんがふんが言いながら暴れていますので、
そのあとは広い運動公園をリードに繋いでお散歩をして帰るのが定番のコースとなっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です